• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エコバック
2008年02月22日 (金) | 編集 |
DVC00112.jpg

昨日はすごい風でしたね

そんな中、ワタシはお仕事をお休みして近所の同級生の
おばあちゃんの告別式のお手伝いに行ってまいりました。

うちの方はまだまだ田舎の風習が残る地域で
お葬式などは組合と呼ばれる近所のおうちの人が集まって
喪主の方に大変な思いをさせないように助け合う仕組みができています。

大体は業者の方がしてくれるのですが
親戚の方へのお茶だしやら、地域独特のことなどは
組合の人が行います。

女性がお手伝いに行くのも昔は自宅葬で
お食事なども作っていたからなのです
それを思えば今はお弁当になっているのでお茶だしだけで楽チン。

昔お世話になったおばあちゃんにゆっくりとお別れができました。
最近は施設に入ってらしたのでお見掛けしませんでしたが89歳だったそうです。

長生きですばらしい
心よりご冥福をお祈りいたします。


****************************


さて、本日のハンドメイド。

今回はとっても気に入った生地を見つけたので
エコバックを作ってみました。

生地はかなり厚手。
ヨットの幌なんかに使うやつみたいです。(スイマセン、よく知らなくって
厚手の生地のおかげでとっても頑丈なエコバックができました。

なんといってもこのグリンピース柄
こゆのたまりません

DVC00112.jpg


全面にグリンピースです

もうすべてグリンピース
すっごいかわいいです。

他にもイチゴとかレモンとかあったら即買いなんですけどね。
今のところ出会えていません。
(出会った方、ご連絡を!)←マジで。


こちらはシンプルに数字。

DVC00113.jpg


いろんな年齢層の方に使っていただけると思います。


この厚手の生地を使ってエコバックを作って思ったことは
スーパーでもらうビニール製の袋より

手が痛くなりにくい!ということ。

重みが分散するんですかね。

重いものを入れてもあんまり手が痛くなりません。

なのでワタシはグリンピースの方を使っているのですが
野菜専用にしています。(他のものを買ったときはね

パンや果物などと一緒にすると当たってしまうことも多かったお野菜たち。

これで別の袋に入れておうちまで帰れます。


しかも、持ち手でくりぬいた布を収納袋にしてみました。
ぴったり入るし持ち運びにも便利です。

そのうちショップにも残りの一枚をUPしますが
今のところ委託ショップさんにおいていただいています。
(600円です

他にもかわいい小物がたくさんありますので遊びに行ってみてくださいね。




絵文字名を入力してくださいmy shop
yamaton*hand みょうが☆


ランキング参加していますぽちっと宜しくお願いします
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。